院内保育園の病後時保育ってどうかな?

看護師退職の原因で多いのが、育児と仕事の両立が出来ないということですよね。 看護師の仕事って、夜勤があって時間が不規則だったり、残業が多くて帰りが遅くなったり、仕事がハードで家事や育児をしながら働くのが難しいんですよね(;´Д`A とくに病院のように、責任の重い仕事が多い職場では、子供の急な体調不良で欠勤したり、休みの希望が取りづらかったり、残業が多くて保育園のお迎えが間に合わなかったりします。 病院での看護師常勤の仕事を続けるには、よほど周りの家族の協力体制が整っていないと難しいですよね。 しかし、最近は核家族化が進み、同居の家族が少ない家庭も多く、家族の協力を得ることが出来ない看護師も増えているんですよね。 そういったことから、退職してそのまま潜在ナースになってしまう人も少なくないのです。 潜在ナースが増える一方のため、現場では看護師不足が深刻なんですよね。 看護師の離職を防ぐため、育児支援制度を整える病院も増えてきましたね。 福利厚生の一環として、院内保育園を併設している病院は 都内を中心に各地にも増えつつあります(^_^) また、いくら院内保育園が併設されていても、一番困るのが子供の病気の時ですよね。 子供が病気にかかると、看病をするために休みを取らなくてはなりません。 熱をあげると保育園も数日お休みしなくてはならず、必然的に看病をする親も休まなくてはならなくなります。 そういったことに理解のない職場も多く、ママさんナースにとって一番の悩みのタネになっています(u_u) その悩みを解消するべく、病後児保育をおこなう院内保育園も出てきました。 院内保育園で病後児保育を行っていると、子供の体調不良によって長期にわたって休みを取らなくてもよいため働くママさんナースにとっては、非常にありがたいですね。 こういった育児支援の整っている病院は、看護師求人サイトで探すことができますよ。 看護師求人サイトでは、院内保育園の見学もさせてくれるので、育児と仕事の両立を目指すママさんナースは必見ですね(*´艸`*)