渋谷区の看護師バイト



在宅医療の現場では、介護者は女性が多いですね。でも最近は男性が妻や実親の介護をしているケースも増えています。介護の現場も様子が変わりつつありますね。

親や義両親が病気になると、看病しなくてはならないのは、たいてい嫁や娘の役割ですよね(´・Д・)」

在宅医療を必要とする患者さんが在宅に戻る際は、やはりお嫁さんや娘さんがキーパーソンとなって、介護などをおこなっているケースが多いなぁって思っていました。

やはり、家事や育児を全般的に行っているのは、女性ですから、在宅で患者さんが過ごす時は、娘さんやお嫁さんが自然とそういった役割を担うことになるんですよね(;´Д`A

しかし、最近はそんな様子に少し変化がありますね。

介護や看病に積極的に男性が参加している家庭が結構増えてきたんです(・_・;

最近の若いパパさんたちが、イクメンなんて言葉が出てくるほどに育児に参加しているのも素晴らしいなぁ...なんて思っていましたが、介護までとはすごいですね。

やはり、最近は女性も男性と肩を並べて働く時代になりましたから、女性が家庭だけに専念することが難しくなっていますよね。

定年退職を迎えた旦那さんが、脳梗塞で倒れた妻の在宅医療を支えているとか、高齢で寝たきりになった母親の介護を行っていたり...なんてこともありますね(^o^)

今までのように、女性ばかりが負担を負っている時代は、女性が家事や育児、介護と全て任され、介護疲れからストレスで病気になることもありました。

仕事を辞めなくてはならなくなったり、犠牲を払うのは女性の方が多かったですよね( ;´Д`)

しかし、こうやって男性が協力してくれると、かなり女性も負担が軽減され、仕事も続けることが出来ますよね。

在宅医療も、家族の協力があってこそ成り立ちます。

家族みんなで協力しながら、患者さんを支えていけることは理想ですね(-_^)

介護の現場も様子が変わりつつあるなぁ...って思いすねd(^_^o)

2014年7月 8日|

長期入院となると、家族の面会は次第に減ってしまいますよね。家族としての責任は最低限果たさないといけないと思いますが・・・。

昔に比べると、早期退院が勧められ、病院のベットの回転もだいぶ良くなったなぁって思いますね。

しかし、中には医療を必要とし、とても退院して生活出来るような状態になれない患者さんも多くいます(;´Д`A

そういった患者さんは、長期入院を余儀無くされているわけです。

とくに、高齢者の長期入院は多いですよね(´・Д・)」

やはり、全身の機能も低下していますし、入院生活によって寝たきりの生活が続くことで認知症を併発したり、誤嚥によって肺炎を繰り返したり、入院前の身体状況に戻ることは難しいということも大きな原因ですね。

入院前は、一人で歩いて、自立した生活を送っていたのに、病気をしたことにより、寝たきりの生活になってしまう人もいます。

認知症などを併発すると、人格そのものも健康な時の人格とは変わってしまい、家族の受け入れ難い状況も発生します( ;´Д`)

そんなことから、徐々に家族の足も遠のき、見舞いもほとんど来ないような患者さんも多くいるのです。

自宅に帰ることが不可能で、施設への入所希望を申請しても、今はそんな高齢者が溢れていますから、入所も待機期間が長く、なかなか入所が決まらずに行く先のない患者さんも多くいます。

在宅医療を進めても、核家族が多く共働きの息子夫婦しかおらず、在宅での介護は困難という家庭も多いですね(・_・;

長期入院していても、家族も誰も来ない患者さんは、なんだか可哀想に思います。

死の淵から生還して、せっかく長生きしているのに、ただ毎日ベットの上で過ごし、見舞いもなく毎日が終わって行く...。

自分がこの患者さんだったら...と思うと切ないですね>_<

病院に入院していれば安心という家族の気持ちもわかりますが、やはり家族としての責任は、最低限果たして欲しいな...と切に願いますね(T ^ T)

2014年7月 8日|

保育園での看護師の仕事はこんな感じ!(^^)!1日の流れを教えてください!

保育園での看護師は、主に0歳児のクラスを受け持ち、保育を行いながら、他の園児の体調管理も行っています。
保育園では、看護師としての仕事と保育の仕事の両方を行っています。

仕事は8時半から始まります。
出勤したら0歳児クラスの検温をおこないます。
赤ちゃんは、体調が悪くても自分で訴える事ができませんから、検温を行って、身体の状態を観察して、確認します。
他のクラスでも、体調が悪い子や熱がある子がいれば、様子を見にいって、保護者の連絡が必要かどうか判断をしています。
他のクラスに体調不良の子供がいない場合には、0歳児クラスで保育をしています。
仕事内容は、授乳、オムツ交換、絵本を読んだりあやしたり、といった感じです。
寝起きには、泣いてしまう赤ちゃんが多いので、その都度抱っこやおんぶをしてあやしています。

午前中は、10時のおやつや離乳食の介助、そして昼食の介助をします。
昼食後には、歯磨きの指導やオムツ交換、そしてお昼寝の準備です。
子供達がお昼寝をしている時間に、家族への連絡帳を記入しています。
お昼寝が終わると、3時のおやつの時間です。
おやつの時間が終わった頃から、お迎えが始まります。
迎えに来たお母さんに、日中の様子などを報告して、子供の体調などで不安があるお母さんの相談に乗る事もあります。

園児が少なくなったところで、救急箱のチェックや補助を行い、17時半に業務が終了します。
残業はほとんどありませんから、定時で帰る事ができます。
感染症が流行ったりした時には、少しバタバタする事もありますが、医療行為をする事はありませんから、
落ち着いて仕事をする事ができます。
保育の仕事が多いので、子供が好きな方にはピッタリだと思います。

2014年7月 8日|

将来自分が掛かりやすい病気や、掛かる可能性が高い病気が事前に分かれば生活習慣を改めたりと予防策を取れると思います。でも、難病や遺伝する病気に関しては知るのが怖いのが実際の所ですね。

病気になることって、自分ではあまり具体的に想像がつかないし、まさか自分が大病するとは思っていないのが本音ですf^_^;

しかし、病気になってしまった時には、きっと後悔するんですよね。

あ〜、なんでもっと病気にならないように予防しておかなかったんだろう...と(;´Д`A

もし、自分が将来どのような病気になるか予想出来たら、きっとその病気にならないように生活を見直すでしょうね。

それが、命にかかわるほど大きな病気であれば、いくらでも病気にならない努力はしますよね(´・Д・)」

女優のアンジェリーナジョリーが、将来発症する可能性が高い乳がんを予防するために乳房を切除した...というニュースは、全世界を驚かせましたよね。

アンジェリーナジョリーさんの場合、将来乳がんになる可能性が87%、卵巣がんになる可能性ぎ50%以上ということで、確立の高い乳がんを予防するために、乳房を切除したのです。

この診断には、乳がんや卵巣がんを引き起こす遺伝子BRCA1.2の存在が関わっています。

本来BRCAは、通常がんと闘う遺伝子です。

その遺伝子が変形したものが、BRCA1.BRCA2なんです。

BRCA1を持つ女性の65%は乳がん、39%は卵巣がんになる可能性があると言われています。

また、BRCA2ではそれぞれ45%、11%の可能性があります。

変形遺伝子の検査は、50歳までに癌になったことがある女性や、近い親戚に乳がんをもつ人は行なった方がいいと言われています(・_・;

癌などの大きな病気になる可能性は、誰もが心配し、不安になることです。

そういった病気に、自分がどの程度かかる確率があるのか知ることが出来るようになったのは、遺伝医学が発展したおかげです。

将来自分がなり得る病気を知ることは非常に気になることですが、それが難病や遺伝する病気であると、知るのが怖い気もしますね。検診派遣に行ってきました。

2014年7月 3日|


ページランク表示 自動相互リンク集GF 教室・スクール・クラブ サプリメントの選び方 newlightbeulah.org